good practice第4回 久留米大学病院 外科5階病棟 井手 大介さん - 久留米大学 ダイバーシティ・インクルージョン推進室 公式ホームページ official website 女性研究者支援推進事業久留米大学 ダイバーシティ・インクルージョン推進室 女性研究者の出産・育児等のライフイベントとの両立や女性研究者の研究力向上支援推進事業

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 久留米大学好事例
  4. good practice第4回 久留米大学病院 外科5階病棟 井手 大介さん

Information

インフォメーション

久留米大学好事例

good practice第4回 久留米大学病院 外科5階病棟 井手 大介さん

男性の育児休業取得者の紹介

所属 久留米大学病院 外科5階病棟看護師
氏名 井手 大介 さん

Q1、育休取得期間と取得に至るきっかけ

取得期間:1ヶ月
きっかけ:コロナ禍で里帰り出産が難しかったため、3人目が産まれた際は育休を取得し、妻の産後の大変な時期を一緒に乗り越えたいと考えていました。

Q2、育休取得をされた時のご家族の反応

妻「産後間もない身体で、兄2人の世話とともに新生児を見ていく事は不安であったため、とてもほっとしました。」

Q3、育休取得に際しての同僚の反応

子育てを支援してくれる雰囲気で包んでくれ、暖かい言葉で応援してくれました。

Q4、育休取得前の仕事の調整方法

業務の進捗状況について病棟スタッフへ申し送りを行ったり、所属する委員会の仕事を係のメンバーに引き継ぎするなど、業務が滞らないように努めました。

Q5、休業中の家庭での役割分担

新生児の世話を妻とともに協力しながら行いました。家事全般に加え、上の子たちの保育園の送迎、休みの日は公園に連れて行くなど、様々な面で役割を担う事が出来ました。

Q6、育休を取得したプラス面とマイナス面

プラス面は子ども達と触れ合う時間が増えた事です。子どもの成長を感じながら、1日1日を過ごす事ができました。
マイナス面は特にありませんでした。

Q7、今後の仕事や生活に活かされること

育児休暇を取得した事で、仕事へのモチベーションが高まりました。育児休暇を必要とする方々が、育休を取得しやすいような風土づくりや、復職後のサポートなどを支援していきたいと思います。

関連記事

多言語翻訳Translate »